花見の雨の日でも濡れない?彼女と行きたいスポットとは?

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

お花見に行きたいと思ったけれど、あいにくの雨の日・・・

けれど、次は雨の影響で葉桜になる可能性もあるから急いで見に行きたいですよね?

そこで、そんな時に行ってみたい濡れない?ところを紹介します。

雨でも行けちゃう?行ってみたいところとは?

②こんな日に行って良かったこととは?

京都の濡れない穴場スポットを紹介

絶対に濡れない完ぺきな方法とは?

スポンサーリンク

ーーーーーー

の4つを紹介します。宜しくお願いします。

花見は雨の日だからこそ、行きたい場所とは?(その1)

雨降っちゃうと、せっかく作ったお弁当も台無しになりますし、嫌になっちゃいますよね?

けれど、雨の日でも楽しいスポットを紹介します。

・透明の傘で見に行く
降っているからと言って全く見れない訳ではありません。

例えばビニール傘など差していても透けて真上が見える傘で桜を眺めながら温かいコーヒーなどを飲み一服する。

・座りながら楽しみたいのであれば

例えば、桜が見れるカフェや食べ物屋さんや、お食事処。屋根付座敷などで桜を見ながら花見も出来ちゃいます。

温泉浴場だって景色が見える高いところであれば湯船に浸かりながら観れるかも

・雨の日は普段行けないお店に行ってみる
「雨の日だなー!残念・・・」と思うのではなく、逆転の発想をしてみましょう。
例えば雨の日に安くなる飲食店を桜を見ながら散策してみたり

もしかすると1000円前後するランチが100円になったり
デザート10円のもあるかも!
例えばですが、コチラ

ちなみに、

私の近所のお店は「雨の日カラオケ10円」などとか言うものもあって、
一回行ってみたけど、ちゃんとしたところが多いし安いのでお得ですよ。

・不安だな。なぜ安くなるのか?理由として

そもそも一部の飲食店などでは晴れの日に比べるとお客さんの出入りが少なく、売り上げが落ちる所もあるので「客を待っているよりか、少しでもお客さんに入って喜んでもらいたい」というお店ばかりなので騙そうとかしているお店はほとんどありません。

・絵を鑑賞してみる

美術館に行ってみると濡れずにゆっくり楽しめます。

スポンサーリンク

ーーーーーー

花見で雨の日だったら屋台に行ってみる


雨の日にお花見の屋台で買ったものを食べたりする。

いつもよりも空いているので早く提供してくれるかも

せっかくなので雨で暇そうにしている屋台のお兄さんと喋ったり

・桜の木が多いところ
例えば桜の気が多いところの下にいると雨の影響が少ないはず

・雨の夜桜を楽しむ
せっかくだから普段は見れない雨の日で艶めいた、これまで見たこともないような夜桜を鑑賞できるはず。

・バーベキューをしてみる
テントをすれば濡れることなんて全然関係ない!みんなで騒いじゃおう!

・ショッピングモールデート
彼女と一緒に歩いて回るだけでも良いですし
懐かしいゲームなどをして遊ぶとか、
大きいところだったら映画館や
ボーリングやビリヤードもアリかも

他にも水族館やバッティングセンターにも行ってみよう

まあ、アウトレットモールなど色んな商品を見て歩くだけでも楽しいですよね?

・ダムへ

雨の日なのに「あえてダム」に行ってみよう

増水で今までにない大迫力が見れるかも。山側なので近くに桜も見れるかも

・工場見学

室内で楽しむのであれば無料の工場見学でしょ!濡れないし安心。

花見の雨の日に行って良かったこと悪かったこと(その2)

せっかくお花見に行っても良くない事ばっかでは行きたくはありませんよね?

そこで、雨の日に行って良かった感想を紹介します。

悪い事
・雨の日は桜が散りやすい、しかも次の晴れる日を待っていると葉桜になる可能性もあります。

・雨で足元が濡れる

良かった事
・お城とかのライトアップも雨のお陰で幻想的に見える
・雨で散る花びらも風情があって良い
・人も少なくのんびり静かな場所で楽しめる

花見の雨の日だからこそ行ってみたい。オススメスポットは?

・コラボしてみる

例えば、動物園と桜がコラボしているところへ行く

大阪のみさき公園などや
名古屋の東山動植物園 (こちらから
京都市動物園
では園内に休める休憩スペースがあり、見事な桜もあるので雨の日でも見る事が出来ます。

・船で桜を見る

普段は乗らないような屋形船や水上バスで土手にある桜を観光してみよう。

屋根付きなので濡れないし、歩かなくてもOKでラクラクだよ!

・ココからは京都で行ける濡れない?雨の日スポットを紹介(その3)

・タワー系に行ってみる
京都タワーに上って、上からの桜の景色を眺めながらゆっくりする

・電車で楽しむ

・嵐電の桜のトンネル

・京都市から亀岡までを結んでいるトロッコ列車

・カフェで

三条大橋の川べりにあるカフェから見える?室内だと少し見えにくいですが
鴨川沿いに見える桜

・商店街
関西ではアーケード商店街が多く存在して雨の日でも濡れることなく歩く事が出来ます
少し桜からそれちゃいますが 春らしい新鮮なおさかなや京野菜を見たりして歩くお散歩も楽しいですよ

・庭園鑑賞
せっかくなので京都の
雨に濡れた日本庭園を鑑賞してみましょう
とてもキレイですよ

あと私が行って欲しいのが雨の日の円山公園のしだれ桜です
この大迫力の枝には彼女も感動すること間違いなしか?

大阪になっちゃいますが造幣局の桜の通り抜けも奇麗ですよ

あとは・・・

大切な人と行くのであれば気を付けたいポイント

詳しい内容はコチラ

まとめ


せっかくの休みなのに予定が雨でつぶれるのは勿体ないので是非、濡れない方法で楽しみましょう。

あ、ちなみに以下のような天井がスケルトンの車で行けば自宅車庫から帰宅まで全く濡れないで桜がみれます!

あと、

サンルーフ付きの車をレンタルできれば夜桜も寒くなく見れることでしょう!

以上です。では!

スポンサーリンク

ーーーーーー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。